展覧会のご案内

KYOTO STEAM 2020 国際アートコンペティションスタートアップ展【幸山】

こんにちは!
日本画家の幸山ひかりです。
今回は、私の参加している展覧会のご案内です。

「KYOTO STEAM 2020 国際アートコンペティション スタートアップ展」
会期|2020年10月31日(土)ー12月6日(日)
時間|10:00-18:00(休館日は月曜日)
会場|京都市京セラ美術館 東山キューブ
観覧料|1,000円(中学生以下無料)
*京都市京セラ美術館の入場は要予約となっております。
詳細は以下のページをご覧ください。↓
https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20201031-20201206

私は一年前から京都市立芸術大学日本画チームの一人として、京セラ 株式会社 みなとみらいリサーチセンターの方々や京都大学 塩瀬 隆之 先生や富田 直秀 先生とワークショップや議論を重ね、アート×サイエンス・テクノロジーの概念的な連携を模索し、作品に致しました。
(京都市立芸術大学日本画チーム:川嶋渉教授、森萌衣さん、幸山)

焼けた人工関節と詩(人工関節の提供元:富田先生)

「大切な人の遺灰の中に焼けた人工関節を見つけたら、それを拾って骨壺に入れますか?」
日本画チーム 川嶋先生が提示したこの問いかけからすべてが始まりました。
役目を終えたテクノロジーの無価値な残骸だとみるか、はたまた大切な人の捨てきれない記憶や物語とみるか…。

あなたはこの焼けた人工関節になにを「みる」でしょうか。

今回の展覧会では、その問いの象徴である焼けた人工関節を配置し、その反対側には問いの解として私たちの思考を日本画制作プロセスに準え、三者三様に形象化し作品にしております。

鑑賞者の方々には、その狭間に立っていただき、作品を見、何に価値を見出すか思考していただけたら幸いです。

「perspective:0→1」

第一レイヤーである宝箱には、それぞれが有象無象の中から拾い上げ作品へと昇華していくはじまりが展示されています。
焼けた人工関節はその宝箱と同じはじまりの机に置かれているわけです。

私は真ん中のレイヤーを制作しました。枯れた鶏頭の花にみた景色を作品化しています。

会場にはほかにもアーティストの方や大学が様々な企業や研究所とコラボレーションをした作品が展示されています。

この展覧会は、美術館にご予約の上、是非実物をご高覧くださいませ!
______
夜はすっかり冷え込むようになりました。隙間風でつま先が冷えて冷えてしゃーないです。どうか皆様も温かくしてお過ごしくださいね^^
________

幸山 ひかり

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP